墓所31(東京)


奥平家墓域(清光院)



板垣退助墓(品川神社)






賀茂真淵墓(旧東海寺)

江戸中期の国学者、賀茂真淵(1697年〜1769年)の墓。
自然石に囲まれた、安らぐ空間。入口には鳥居があった。



井上勝墓(旧東海寺)



山口県民にはゆかりの深い、鉄道の父 井上勝(1843年~1910年)の墓。
鉄道の真ん前。


沢庵和尚墓(旧東海寺)

沢庵宗彭(1573年〜1645年)は、江戸時代初期の禅僧で
京都大徳寺などの住職。
兵法・書画・儒学・詩歌にも造詣が深く、将軍家光にも重用された。
生まれは但馬国出石。墓の設計は小堀遠州。
低い石塀の中の台座の上に、
直径1m・高さ0.5mの自然石が置かれている。



墓の正面に配された不思議な石はこちら→「岩34

利休居士追遠塔(旧東海寺)







細川家墓所(旧妙解院)
 
 何と、東日本大震災で一部が倒壊し、立入禁止になっていた! だから遠目に写真を撮っただけ・・。6代宣紀(のぶのり)、7代宗孝、8代重賢(しげかた)、11代斉樹(なりたつ)、12代斉護(なりもり)、13代韶邦(よしくに)、14代護久(もりひさ)ら7人の藩主と細川家一族が葬られているのだが、見ることができず残念。。
茂みの奥に五輪塔が・・・

薄雲太夫之墓(妙蓮寺)
 
 



inserted by FC2 system