大内義興 墓 ・ 大内弘直 墓 

 
大内義興 墓

 山口市の凌雲寺跡にある、大内義興の墓(左)と、夫人の墓(右上)、開山塔(右下)



 
普門寺
 
 延元元(1336)年、大内弘直により再建。大内氏の菩提寺となった。
 文久3(1863)年、藩命により大村益次郎が江戸から帰藩した際、ここを宿舎とし、歩兵・騎兵・砲兵など3兵学を教授した。

 
大内弘直 墓

 普門寺裏手の墓地の、他の墓から少し離れた一角にあった。
 円墳の上に、新しそうな宝篋印塔が乗っていた。



☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


    
 HOME  BACK
inserted by FC2 system