+ + 墓所2 (鎌倉市) + +





午前4時、灯りひとつない暗闇の中で墓所観光決行。
 一人だし、心細かったが、せっかくここまで来たので張り切って見学した。  
 
 


源 頼朝 墓

北条 政子 墓
 寿福寺
 建久9年(1199)12月27日、相模川にかけた橋の完成祝いの帰りに稲村ガ崎で落馬。それが原因で翌年1月13日に53歳で亡くなった。
 現在の墓は、江戸時代に島津氏によって建てられたもの。高さ186cmの五層の石塔。最初に葬られた白旗神社のすぐそばの石段上にある。
 「吾妻鏡」には、北条政子の遺体は勝長(しょうちょう)寿院の側に葬られたと記録してあるらしい。

源 実朝 墓
 寿福寺
 実朝を討った公曉を成敗した三村義村は、実は公暁をそそのかした張本人だった。義村の元に渡った首級は、家臣伝いに波多野氏に渡り、その領地(神奈川県秦野市)に首塚が建てられたらしい。つまり、今でも実朝の首と胴体は離れている。




寿福寺 墓所




伝・上杉 憲方 墓


長谷寺 墓所



「HOME」へ 「TRAVEL」へ
inserted by FC2 system