赤間神宮・安徳天皇阿弥陀寺陵・七盛塚(平家一門の墓)

→ HOME      → BACK

【七盛塚】
壇の浦合戦で滅んだ平家一門の武将を祀る墓

【耳なし芳一】

【高浜虚子碑】

【安徳天皇阿弥陀寺陵】

赤間神宮のHPによると「西日本ではただひとつの御陵」なのだそうだ。
が、豊田湖の畔には「安徳天皇御陵墓参考地」(→ 
もあるし、四国に逃れ生き延びたという話も聞いたことがある。
早く調査すればいいのになと思った。

【水天供養塔】

水難事故により没した人々の名前を小石に書き、
この石塔の台石下に納めているのだそうだ。


【赤間神宮 水天門】

【赤間神宮 拝殿】
約800年前、源平合戦に敗れ、祖母で有る二位の尼と壇之浦に沈んだ8歳の安徳天皇は、
赤間関紅石山麓阿弥陀寺境内に葬られた。そして陵上には御影堂が建立された。

 明治維新後、阿弥陀寺は廃寺となり、御影堂は天皇社と改称、
明治8年には勅命により赤間宮と定められた。昭和15年には赤間神宮と改称。

赤間神宮は空襲によって破壊されたが、20年の歳月をかけ再建された。


 
inserted by FC2 system