あじさい集会  〓
 朝、S総合支援学校の14名のお友達を迎えに行った。
 事前学習はしたものの、車椅子の押し方は意外に難しくて、溝にはまりそうになったり、脱輪しかかったりしながら、一般道をゆっくり歩いてK小学校へ。暑い暑い朝だった・・・。
 K小では、支援学校のお友達と1〜6年までが混ざり合った縦割り班で集会をした。
 会の進行も会場設営も、全て6年生全員の手で行った。1ヶ月前の企画の時点では、何だか他人事みたいな取り組みしかできない子もいたが、当日は全員真剣そのもの。みんなの心が一つになり、会を成功させた。
 支援学校のお友達も、みんな喜んでくれていた。閉会式では、あじさいのブーケと手作りプレゼントでお別れをした。


<子どもたちの感想>

 車椅子、ちゃんと押せるなか?など、何だかとっても緊張した。
 入場の時、前の子に車椅子が当たってしまった。謝ると、「大丈夫だよ。」と笑顔で言ってくれたので、しっかりしているなぁと思った。
 こんな責任感ある仕事は初めてだった。やっぱりいろいろ大変だった。
 「班長〜。」って呼ばれたら、何か「デレッ」としてしまった。
 終わったら、やっと終わったなぁと感じ、ホッとした。
 大きな行事を乗り越えて、「やっぱ6年だな。」と実感した。これからも6年として頑張りたい。
 集会が成功してよかった。みんなが笑顔でよかった。

HOME ▼
BACK ▼
inserted by FC2 system