+ + アサギマダラとフジバカマ(下松市スポーツ公園) + +

【2015年10月4日】
今年は9月30日に第1号が飛来したそうだ。
今日は1〜2頭が優雅に飛んでいた。



【2015年9月23日】
アサギマダラはまだ来ていなかったが、フジバカマはきれいに咲いていた。
名前は分からないけど、いろいろなチョウも飛んでいた。










【2014年10月12日】

下松市のHPによると2014年のフジバカマの開花は9月17日で、
アサギマダラの飛び始めは10月1日だったそうだ。
毎日ここに来ているというマダムによると、昨日(10月11日)は100匹くらい飛んでいたらしい。
今日は20匹前後だった。台風が接近していて風が強かったせいかもしれない。

 山口県下松市  

身体が黒地に白のドットで、とてもファッショナブルだ。
羽を広げると、約10cm。結構大きい。

がに股で、ガッツリ花を掴んでいた。
羽がくたびれて破れている蝶もいた。

国境を越え、何千キロも渡りをする。春から夏に北へ、秋から冬に南へ。

羽化後、2週間で死んでしまうので、
春に北へ向かう個体と、秋に南へ向かう個体は別。

教えられなくても、ちゃんと渡りをするのが不思議だ。

羽に日付や地名が書いてある個体。
「9/30」?「メダニ」?「236」

周南市の沼城小学校のフジバカマにも飛来したそうだ。

こうやって栄養補給しながら、南へ南へ渡って行くのね。

渡りをする逞しさなど想像できないエレガントさ。


アサギマダラに混じって
オレンジの身体にオレンジの羽、目までオレンジの蝶がいた。

図鑑で見ると、
「ツマグロヒョウモン」か、「ウラスジヒョウモン」がよく似ているような・・・。



   Oct.12.2014







    

「HOME」へ 「TRAVEL」へ
inserted by FC2 system