阿弥陀寺(防府市)




阿弥陀寺は、文治三年(1187年)の建立。
治承四年(1180年)に焼失した奈良東大寺復興の大勧進職、俊乗房重源上人による。


宝 篋 印 塔
梵字が刻まれている。

石風呂

東大寺再建のための木の搬出に関わった人夫たちの休養や、
怪我や病気の治療のために重源上人が各地に造ったそうだ。

柴木や松葉を燃やして周囲の石を焼き、その後、石菖・よもぎ
・びわの葉・槇の葉等の薬草の上にむしろを敷いて入る。

腰痛、神経痛、疲労回復によいらしい。


湯屋(重要有形民族文化財)の焚き口


石の湯船





重要文化財   
ヒノキの寄木造の金剛力士像  
 
 



  
これは!  
 



HOME       BACK

A Moveable Feast
inserted by FC2 system